ブランデッドムービー・動画制作 FROGLOUD:ショートムービーサンプル

WHO WE ARE

広さではなく、

エンゲージメントの深さを追求した

プランニングと実行をする集団です。

FROGLOUDが、

今までの、広告や、PR、

エンタメ会社と異なるポイントは、

どのくらいの人数へ届くかでなく、

どれくらいの深さで繋がれるかを

実現することに特化している点です。

映画、音楽、

ブランデッドムービー、

カルチャーイベント、

衣、食、住から、

商品開発に事業設計まで、

そしてSNS運用に広告。

ありとあらゆる手段で

強いエンゲージメントを

作っていきます。

WORKS



BRANDED MOVIE


「その企業やブランドを好きになってもらう為に創る、広告と映画のハイブリッドコンテンツ」です。

つまり、映画のようにエモーショナルに描き、広告として、ブランドの魅力を魅力的にストーリーの中で表現することで、エンゲージメントを最大化させる新時代のコンテンツです。

創ったブランデッドムービーは、オウンドメディア、SNS、様々なデジタルメディアで配信はもちろん、映画館で公開したり、国際映画祭へ出品したり、イベントで活用したり、株主総会で使ったり、様々な出口戦略まで弊社でプランニングし、実行致します。



WORKS


ブランデッドムービー・動画制作 FROGLOUD:作品ポートフォリオ



CLIENTS

アース製薬株式会社
株式会社オズマPR
キッコーマン食品株式会社
株式会社スパイスボックス
株式会社電通東日本
ネスレ日本株式会社
横浜ゴム株式会社

イッツコミュニケーションズ株式会社
株式会社オプト
株式会社グライダーアソシエイツ
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
東急不動産株式会社
株式会社博報堂
LEXUS

株式会社NTTぷらら
オルビス株式会社
合同会社コンデナスト・ジャパン
株式会社電通
ニフティ株式会社
BMW JAPAN

(50音順)




AWARDS & NOMINATED

スパイクスアジア、 ADFEST、エミー賞、ヒューストン国際映画祭、Raindance Film Festival、 Moondance International Film Festival、
Los Angeles Asian Pacific Film Festival、他、受賞ノミネート多数


ENGAGEMENT CHINA

中華圏向けブランデッドムービーの企画・制作

FROGLOUDとオズマピーアールが業務提携し、

中華圏向けのブランデッドムービー制作サービス

「Engagement China」を提供開始。

日本在住の中国人留学生、主婦、富裕層

などのコミュニティに対しての

マーケティング・リサーチやSNS 分析を通じ、

在日中国人視点を取り入れ、

日本人監督だけでなく、中国人監督による

ブランデッドムービーの制作が可能となります。

さらに、オズマピーアールが独自に持つ

日本在住の中国人インフルエンサー

とのネットワークを活用し、

ブランデッドムービーを

中国本国にも拡散させることが可能です。

SAMPLE

弊社が企画・制作した作品や、お手本となる国内外のブランデッドムービーを毎週2作品紹介します。



ブランデッドムービー・動画制作 FROGLOUD:サンプル企業動画

北欧、暮らしの道具店
青葉家のテーブル第3話:ぼくらの才能

監督:松本壮史
公開年:2019年 上映時間:26’40”
第4話にて、シーズン1が完結し、Youtubeにおける再生回数は、540万再生まで登ります。またシーズン1の完結を記念して行われた上映イベントには600名が参加し、上映後のトークショーにて長編映画化を発表。公開に向けて準備を進めています。

北欧、暮らしの道具店
青葉家のテーブル第3話:ぼくらの才能

監督:松本壮史
公開年:2018年 上映時間:19’10”
「北欧、暮らしの道具店」は、通販サイトだけではおさまらず、北欧のライフスタイルを届けるECメディア。そのPRの一環で作られた『青葉家のテーブル』シリーズは、“日常にひとさじの非日常を届ける使命”というコピーをそのまま広げた世界観の家族の物語。

北欧、暮らしの道具店
青葉家のテーブル第2話:君の好きなとこ

監督:松本壮史
公開年:2018年 上映時間:16’16”
第一話に引き続き、「北欧、暮らしの道具店」店長兼取締役の佐藤氏がエグゼクティブプロデューサーとして、またオリジナルアパレル事業の顧問である福田春美氏を美術監督として迎えることにより、お客様に受け入れられるスタイルを全てのシーンにおいて努めています。

北欧、暮らしの道具店
青葉家のテーブル第1話:トモダチのつくりかた

監督:松本壮史
公開年:2018年 上映時間:16’58”
ECメディア「北欧、暮らしの道具店」が配信しているWEBドラマ「青葉家のテーブル」。シーズン1は全4話となり、日本国内で話題になった動画広告を表彰する「Japan YouTube Ads Leaderboard」にて、TOP10に選出されました。また長編映画化も決定している。

BEAMS
Dear friends.~ わたしの世界篇

監督:田中嗣久
公開年:2020年 上映時間:1’24”
STAY HOME週間にカメラマン・山本佳代子氏が友人たちを撮影した数枚の写真がきっかけに作られました。九州新幹線のCMで話題になったCM監督の田中嗣久氏や、2011年のビームス35周年キャンペーン「恋をしましょう」を担当したCD高崎卓馬氏が、ほぼリモートという条件で、今しかつくれない映像を制作。ナレーションは安藤サクラ氏、書き下ろしのテーマソング「魔法」は阿部芙蓉美氏が手がけています。

PANTENE
#この髪どうしてダメですか 生徒と先生の対話

監督:大渕寿徳 & 藤谷力澄
公開年:2019年 上映時間:2’00”
全国の現役中高生・卒業生・先生の男女合計1000人を対象にした、「髪型校則へのホンネ調査」から生まれた学生の髪型校則をテーマにした『#この髪どうしてダメですか』キャンペーンを、新聞広告やSNS、ラジオを通し展開し、キャンペーン開始3日で、2万件を超えるリアクションや共感の声がTwitter上で寄せらた。

Take Note
Notes

監督:Chris Booth & Joel Pylypiw
公開年:2017年 上映時間:3’57”
Branded Shorts of the Year 2017 インターナショナルカテゴリー受賞。Take Noteは若手アーティストやデザイナーの集まるトロントの小さな文房具店。店の常連客の一人である広告エージェントの副社長の女性が、店主と彼女のお祖父さまからお祖母さまに宛てて80年以上も前に書かれたというラブレターの話で盛り上ったことがきっかけにより作られましたブランデッドムービー。

ペプシネックスゼロ
ペプシネックス ゼロ 桃太郎篇[Episode.5]

監督:井口弘一
公開年:2016年 上映時間:2’00”
「Episode.5」篇では、桃太郎とサルとの出会いがインサートされる中、激闘が続く鬼ヶ島を脱出して海を渡るサル。力尽き、島に打ち上げられたところを人間の若者たちに助けられる。意識が戻ったサルは、「桃太郎を助けてくれ!」と人間たちに猛然と訴えていく。その声に、ついに人間たちも「これは自分たちの問題なのだ」と立ち上がるのだ。

ペプシネックスゼロ
ペプシネックス ゼロ 桃太郎篇[Episode.4]

監督:井口弘一
公開年:2016年 上映時間:2’00”
「Episode.4」篇の主人公は鬼です。鬼役をジュード・ロウが演じています。島一番の勇者であり、慕われていた“オニ”が、人間に裏切られ、怒りや悲しみであの“鬼”へと変貌を遂げていくエピソードが明かされる。セリフは一切ないが、ジュード・ロウはその演技力でオニの悲しい過去を表現している。





COMPANY

株式会社 FROGLOUD

所在地
〒105-6004 東京都港区虎ノ門4丁目3−1 城山トラストタワー4階
連絡先
info@frogloud.com


MEMBER



諏訪慶

KEI SUWA

代表取締役 /
エンゲージメント・ディレクター

ショートショート フィルム フェスティバル & アジア
チーフ・プロデューサー



四宮隆史

TAKASHI SHINOMIYA

弁護士 /
エグゼクティブ・プロデューサー



眞保利基

TOSHIKI SHIMBO

エンゲージメント・プロデューサー



ジュニ-岡本

JYUNNY OKAMOTO

クリエーティブ・ディレクター /
コピーライター


奥原アイザック

AIZAK OKUHARA

脚本家 / SNS作家



北出凜太郎

RINTARO KITADE

エンゲージメント・プロデューサー



JOIN US

FROGLOUDではメンバーを募集しています。

BUSINESS PRODUCER

FROGLOUDで一緒に働いて頂ける、映像広告のクリエーティブやビジネスに興味ある、ビジネスプロデューサーを大募集!!
スキルよりも、志のある熱い方を求めています。

<仕事内容>
広告が嫌われる時代。
FROGLOUD は、あらゆるエンターテインメントでブランドと顧客の深いエンゲージメントを創る会社です。 好きになってもらう広告コンテンツの企画プロデュースや、仕組み作り、モバイル用の新たな映画・映像コンテンツの企画・開発を一緒にしてくれる方を求めています。

<募集年齢層>
・20代~30代前半

<最低条件>
・社会人経験(又はインターン経験)がある方
・ワード、エクセル、パワーポイントを一通り使える方


<求める要素>
・仕事を楽しくして、会社を一緒に育てようと
 思ってくれる、やる気のある方
・映画や広告のビジネスプロデュースに興味ある方
・テクノロジーに興味のある方
・スタートアップ精神のある方
・仕事は自分で作る物だと思う方

<どれか一つでもあればベターな要素>
・仕事で英語が話せる方
・広告業界での仕事経験
・プログラミングが出来る方
・テクノロジー業界での仕事経験
・映画や広告のプロデューサー経験
・PR業界での仕事経験
・マーケティング実務経験


<勤務地>
渋谷区、港区、周辺予定


その他の詳細は、コチラまでご連絡下さい。




WHO WE AREWORKSENGAGEMENT CHINASAMPLECOMPANYJOIN USCONTACT