BRANDED MOVIES
BRANDED MOVIES

The Force: Volkswagen CommercialBRANDED MOVIESAug.30,2015

★総論
フォルクスワーゲンのCM。顔は見えない子供の愛らしさと、微笑ましい家族の在り方。
 
・ダースベイダーだ! 
荘厳な「スターウォーズ」のテーマに乗って、ダースベイダーが歩いてくる!
あ、でも小さい・・・おチビダースベイダーだ。 
おチビダースベイダーが家中のあらゆるところでフォースを使おうとしている!
(フォースは映画「スターウォーズ」に出てくる特殊能力) 
でも、何も起きない・・・。可愛い。
有名映画のパロディで惹き込み、誰もがわかる違和感で、冒頭から鷲掴み!
 
 
・フォルクスワーゲンだ! 
犬もお母さんも、おチビダースベイダーに同情?している頃、お父さんが帰ってくる。
かっちょいいフォルクスワーゲンで! 
このフォルクスワーゲン様の登場の仕方とタイミングは、CMとしては天下一品。
こっちが本物のダーズベイダーのようにさえ思えてくる(笑)
 
 
・これが家族だ! 
車に駆け寄るおチビは、お父さんを無視して、フォルクスワーゲン様にもフォースを使おうとする! 
でも、何も起きない・・・。 
と思ったら、手を触れずしてエンジンがかかった!
自分の力に驚いているおチビダースベイダー! 
お父さん、やるね!
 
 
★結論
単に有名映画をパロディにしているかと思いきや、これは家族の在り方を描いている素晴らしいCM。 
 
おとなしい犬がいて、健康器具があって、居間の奥には暖炉があって、大きな庭があって、そして父と母は無邪気な夢を見る我が子を優しく見守っている。
そんな暖かい家庭の中に、フォルクスワーゲンの車がどう存在しているか、というイメージ戦略。 
 
この内容は車がフォルクスワーゲンでなくても作れるし、フォルクスワーゲンらしさを売りにしているわけでもない。 
これはフォルクスワーゲンが、どこに商品価値を置き、どんな願いを込めているかという企業理念みたいなものが感じられるから素敵なのだ。