INTERVIEWS
INTERVIEWS

齋藤俊道監督インタビューINTERVIEWSDec.01,2015

⑩今後の展望

齋藤監督のこれからの展望を教えて下さい。

アメリカから帰ってきて特に強く感じるのですが、日本はとても生きにくい国です。
世の中にはいろんな種類の人間がいます。

例えて言うと、左から右へ1から10までの種類の人間がいるとして、真ん中の5と6に属する人しか社会的に許容されないような国です。

全員が5と6に入ろうとして、あるいはそこでしか生きられないと言われ、もがいている。
どんなにもがいても全員が5と6に収まりきらないのが人間です。

Page10 Portrait_4

そうして溢れ出た人々は、肩身の狭い思いを抱えて生きていくしかないのでしょうか。
こうした社会的弱者の姿を自分の作品の中で見つめていき、その映画を広く見てもらうことによって、社会の許容範囲を拡げる方向に力を注いでいきたいです。

また、今までもこれからも、新作を撮る時に自分自身に課すノルマは、「前作よりも良い映画を撮ること」です。

その積み重ねによって、いつかは映画作りのマスターと呼ばれるようになりたいと思っています。

nextpage >> 齋藤俊道監督 プロフィール